読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~そもそも何なの!?シリーズ~ AWSとは

f:id:iryond:20151020135849p:plain

 

みなさんこんにちは。

 

大手SIerやらに勤めていると、システムエンジニアと言いつつ、

.pptx,.xlsx,.mpp等、Microsoft謹製ツールに追われる日々で、

「開発ってこんな感じなの!?」と感じることも多いかと思います。

 

そんなこんなで近頃の動向を追えない中お客さんとかと話して、

なんでクラウド提案してくれないの~?とか、

最近BIが流行ってるんでしょ~?とか、

デジマってどうなの~?とか

CIやりたいんだけど~?などと、

自分の所掌じゃないことの質問を受けて「うっ」てなることありませんか?

 

「まだ時期尚早ですよ~」「セキュリティが~」とか

よくわからないこと言って逃げたりした経験ありませんか?

 

そんなSEの皆様を救済すべく、タイトルにもある通り、

「そもそも何なの!?」的なことを

"至極短くわかりやすく"連載していきたいと思います。

 

ネタは色々あるのですが、

取っつき易い(てか知ってないとヤバイ)ところということで、

初回はクラウド(AWS)に触れたいと思います。

 

 

 

AWSとは?

IT関連の仕事をしている皆さまは

クラウドという言葉を聞いたことはあるかと思います。

 

AWSクラウドサービスのうちの一つです。 

競合としては、Microsoft Azure,IBM SoftLayer,SalesForce,Nifty等があります。

 

そして、駆け出しSEの皆様からアンケートを取ったところ、

なんと85%の皆さまが

クラウドってどうなんだろ?と調べて、

Iaas,Paas,Saasの魔法の呪文を見た瞬間、

心の扉をそっ閉じした、という結果が出ています。

 

f:id:iryond:20151020141349p:plain

(よくみるこんな絵のやつですね。)

 

今回は、上記の概念には触れず、

何ができるか?」にフォーカスを当てたいと思います。

 

さて、そろそろ本題に入っていきたいと思います。

 

皆様SEとしてMicrosoftと戦っているとはいえ、

なんかよくわからない黒い画面(Teraterm)でサーバにログインしたり、

よくわからないコマンド(sqlplus)とかでDBに接続したりしたことがあると思います。

# けしてOffice嫌いというわけではないのであしからず。

# 最近知った"配置"の左右・上下中央ぞろえとかめっっっっちゃ便利です。 

 

オンプレミス(=サーバを調達してデータセンタに置いている環境)においては、

インフラチームがサーバを配置して、

OSをインストールして、

DBを構築しているからこそ、

先ほど述べたようなログインやら接続やらができるわけです。

 

では、AWSではどうなのか?

→天下のAmazon様が用意してくれて、

 インターネット経由サービスとして提供されています。

 

、、、サービスとして提供?インターネット経由?なんなの?ばかなの?死ぬの?って感じですよね。

 

私は親切なので、概念図をご用意いたしました。

下記をご査収ください。

 

クラウドが存在しない世界

f:id:iryond:20151020143617p:plain

パワポ使って書いた感ありありですね。

 

クラウドが存在しない世界ではだいたいこんな感じです。

インフラチームの作業の後に皆様がアクセスできるようになりますね。

何が大変かって、機器調達の前にベンダと価格交渉するやら、

偉い人の決済を取得するやら、ラッキング場所や配線取り回しの検討やら

とにもかくにもめんどくさいことが多いわけです。

 

しかも、開発前にPoCやりたくても、検証機器が1億円しますとかだと、

「買っちゃうけど後からできませんとか言うなよ!?」みたいな、

コンセプトをプルーフできないみたいなことも往々にして発生しえます。

 

そんなのだれも責任を負えないし、嫌ですよね。

だからクラウドを使うんです。

 

クラウドが存在する世界

 

f:id:iryond:20151020145457p:plain

 

クラウドが存在する世界ではだいたいこんな感じです。

ユーザは、使いたいサーバ・リソース・機能を管理画面に入力すると、

ものの数分で環境が構築されてログインできるようになります。

 

また、上記の例ではLinux,Oracleと書いていますが、

LAMP(Linux,Apache,Mysql,PHP)サーバを自動構築することもできますし、

例えばロードバランサークラウド上に構築できたりします。

 

また、課金体系は(基本的に)時間単位のため、

オンプレでは機器調達も含めると1億円はくだらないビッグデータの検証も

数千円で実施できたりするとことが、クラウドを使用するとても大きなメリットです。

 

また、セキュリティはどうなの!?と

不安になるケースもあるかと思いますが、

僕個人の意見としては、

まず、”使い方さえ間違えなければ問題ない”です。

それはオンプレに構築するケースでも同様で、

あくまで環境の作り方の話なので、

"猫も杓子もユーザ次第"なわけです。

 

AWSがここまで普及したことを考えると、

・問題となるケースがないと判断した企業が大多数である

・実装されている"機能的に"問題はないと考えられる。

Amazonサイドもセキュリティに注力していないわけがない

と判断するのが妥当かと思います。

 

現に、第三者からもセキュリティリーダーとして認定されているようです。

Forrester Security Wave

 

また、使い方という言葉に触れましたが、

構築の方法や設計思想がわからない場合は、

サポート企業にヘルプするなり、AWSからプロを呼ぶなりするのも

大きな選択肢の一つですね。

コストを抑えて構築して、ノウハウは適宜共有してもらう。

これがいいんじゃないでしょうか。

 

最後に、セキュリティに関して面白い資料を見つけたので

リンクを張って終わりにしたいと思います。

speakerdeck.com

 

女性からの相談に似てる

 -「今の職場やめようと思ってるの」

 -×「次の職場は決まってる?資格はあるの?そんな簡単に会社辞めるとかどうなの?」→モテない

 -○「頑張ってるんだね、何かあった?」 

 まさにその通りですね。

 

こんな感じでシンプルに説明することをシリーズ化していきたいと思います。

DeepDive的なやつもちょこちょこ乗っけていけるといいなーなんて思ったり。

 

それでは。良きクラウドライフを。