読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AWS ソリューションアーキテクト プロフェッショナル 模擬試験の考察と今後

f:id:iryond:20160526231655p:plain

先月のAWS ソリューションアーキテクト アソシエイトに引き続き、
AWS ソリューションアーキテクト プロフェッショナル模擬試験を受けてみました。
、、、が、、、無事死亡、、、

非常に厳しい戦いでした。
思い出すのもつらいのですが、本番に向けて振り返っておこうと思います。

結果

まずは結果からですね。
どん!

f:id:iryond:20160526231436p:plain

40%、、だったな確かに、、

受けながら、
「なかなか厳しいながらも、もしかしたらいけんじゃね?」
みたいな感覚があったので、けっこう胸にきました。

とはいえ、模擬試験の結果なので、
本試験に向けて適切にフィードバックできるよう、分析しようと思います。

本試験との比較と抱負

分野 試験に占める範囲 本試験問題数 模擬試験の正答率 正答数/問題数
1.0 高可用性及び事業継続性 15% 12 50% 3/6
2.0 原価計算 5% 4 100% 2/2
3.0 デプロイメントマネージメント 10% 8 50% 2/4
4.0 ネットワーク設計 10% 8 25% 1/4
5.0 データストレージ 15% 12 50% 3/6
6.0 セキュリティ 20% 16 50% 4/8
7.0 拡張性と伸縮自在性 15% 12 0% 0/6
8.0 クラウド移行およびハイブリッドなアーキテクチャ 10% 8 25% 1/4
合計 100% 80 40% 16/40

ひとまず、どこかのブログでどなたかが作っていらしたのを作ってみました。

うーんって感じですね。

100%とれてるのがあるのはいいことなのですが、
いかんせん0%のものがあるのは致命的。

15%以上のものは半分ずつくらいとれているので、(半分じゃダメなんだけど)
まずは0%の部分から攻めていきたいと思います。

あと、似非セキュリティスペシャリストとしては、
セキュリティでしっかり稼ぎたいところなのですが、
なんとも無様な結果。
そんなに苦手意識なかったんだけどな~。

所定のNDAがあるので問題の内容には触れられないのですが、
AWS的に基本的で抑えないといけないポイントを理解できていないような
印象を持ったので、そのあたりを強化していきたいと思います。

(暗記になっちゃいそうな感はあるが、、。)

あとはなんだろ、集中力?
PSAは、80問で3時間の試験つらいつらいみたいな話をよく聞きますね。
僕の場合は、3時間どころか100分?の模擬試験で楽勝でノックアウトされました。

このままでは、全然お話しにならないということが露呈された、
すごくタメになる模擬試験でございました。

サミットまでに取得して、
認定者ほにゃららで自己満足に浸ろうと思ってたんですが、
こりゃーきびしいなー。

いじょう。